ボツリヌス治療を希望される方へ

診療所一時閉鎖のお知らせ

大切なお知らせ

平成28年6月4日をもって一時閉院いたします。

 八重洲地区の再開発事業に伴い、当院が入居しているビルが取り壊しの予定となりました。したがって診療の持続ができなくなりました。つきましては、諸業者などとの関係上、平成28年6月4日(土)を最終診療日として、閉院をせざるを得なくなりました。
 ボツリヌス治療の対象疾患は多技にわたり、欧米ではかなり広く普及しています。日本では保険医療ではかなり限定的な承認のみで、今後これらが他の疾患にも拡大されることは難しいことが予測されています。保険治療では対処不能な症状・疾患で、ボツリヌス治療の有効性が高いものは多いので、それらの情報が広がるにつれ今後自由診療での需要は徐々に増えてくることが予測されます。
 ボツリヌス治療は、個々の疾患に対する諸知識を心得ていないとなかなか成績が向上しないという独特の癖があり、治療対応ができる施設は徐々に増加したとしても、迅速には進まないと考えられます。
 これらの事情から、都内で同様の医療を提供する必要性を感じますので、当院としても陣容を整えるために、数年間の時間をいただき、いずれ毎週末(土あるいは日)に治療施設を再構築することを考えています。

名古屋の寺本神経内科クリニックで診察いたします。

 ボツリヌス治療を希望される方は、大変ご不便をかけますが、名古屋【寺本神経内科クリニック】では従来通り診察を実施していますので、ご利用ください。場所は名古屋駅から徒歩5分です。なお、八重洲痛みの診療室の閉院により、7月より第3日曜を取り敢えず臨時で開設し、患者さんの動向を見て、定着化を考えています。
 なお、日曜日はビル管理場正面入口は閉鎖していますから、ビルの裏口に到着されたら、電話していただきスタッフが開錠することにしています。必ずあらかじめ予約してください。

寺本神経内科クリニック

TEL 052-564-7481

寺本神経内科ホームページへ

〒452-0002 名古屋市中村区名駅4-25-17 三喜ビル7F
診療日:火・水・木曜、第1日曜 10:00〜13:00 / 15:30〜18:30(受付18:00迄)

ホーム

ボツリヌス治療
  1. ホーム
  2. ボツリヌス治療
ボトックス治療とは

天然成分を使った注射治療

 ボツリヌス治療とは、ボツリヌス菌(食中毒の原因菌であり、自然界に存在する物質の中で生体に対する活性が非常に強い物質)が作り出す天然のたんぱく質を有効成分とした注射剤を使う治療法です。体の中にボツリヌス菌そのものが入ることはなく、ボツリヌス菌に感染する危険性はありません。

欧米では一般に普及

 ボツリヌス毒素は、筋肉の緊張を緩める・痛みを和らげる・分泌物を減らす、などの効果が知られ、欧米ではかなり普及しています。日本では、かなり限られた病気だけにしか保険治療が認められていません。現在保険で認められている病気以外にも多くの効用が認められています。当院ではこれらの保険適用以外のボツリヌス治療にはすでに12年以上の実績があります。

多くの疾患に有効

 ボツリヌス(ボトックス)は多くの運動系疾患、疼痛性疾患に有用性が証明されています。通常投与量での安全性は十分に証明されていますが、コピー商品が各国で作られており、アレルギーなどの問題を起こしています。当院では、アラガン社製造の純正のボトックスを使用しています。

ボトックス

ボツリヌス毒素の医療への応用と安全性

  ボツリヌス毒素とは、ボツリヌス菌が菌体へ放出する外毒素で、かつてはヨーロッパで加熱不十分なソーセージで増殖し死者をたくさん出したことで恐れられていた物質です。日本でも熊本の芥子蓮根事件やオウム心理教が製造していたことで知られています。
 しかしこれも微量で使用すると医学応用が出来、20世紀になって、アメリカのスコットという眼科医が斜視の治療に応用してからひろまってきました。
 現在日本では、眼瞼けいれん、片側顔面けいれん、痙性斜頸、脳卒中などによる痙縮に保険適用が認められて神経内科ではよく使用されています。一般の人たちには、顔面の筋肉を緩めてシワ伸ばしに応用されていることがよく知られています。

安全性

 ボトックス(商品名)の1バイアル(瓶)は、致死量の10万分の1とされてますが、もっもと神経質な説に準ずると、30バイアルを一気に呼吸器から吸うと死亡する可能性がある、としています。しかし、実はこれは安全と言える数値です。なぜならば、あっては困ることなのですが、強心剤や抗ガン剤を間違えて10倍使用したら患者が死亡したという事故がときどき紹介されます。このことは仮に10倍使用したとしても、なおかつ3倍のゆとりがあることを示しています。ですから名前に『毒』が入っていますが、安全性としては、多くの薬剤の中でも良好な方であり、かつ1バイアルごとに瓶が異なりますので間違えようがないのです。
 またそれ以外の別の問題としては、免疫ができると効かなくなってしまう、という問題があります。免疫ができてしまっては『毒』としての作用がなくなるからです。ですから投与量が多い場合には3カ月の間隔を置く必要性があるのです。
 また別の考えからみると、免疫ができる可能性がある、ということは微量ならば人体が対応できる物質であるということです。したがってこのことは肝障害などを生じることがないことも示しています。