ボツリヌス治療を希望される方へ

診療所一時閉鎖のお知らせ

大切なお知らせ

平成28年6月4日をもって一時閉院いたします。

 八重洲地区の再開発事業に伴い、当院が入居しているビルが取り壊しの予定となりました。したがって診療の持続ができなくなりました。つきましては、諸業者などとの関係上、平成28年6月4日(土)を最終診療日として、閉院をせざるを得なくなりました。
 ボツリヌス治療の対象疾患は多技にわたり、欧米ではかなり広く普及しています。日本では保険医療ではかなり限定的な承認のみで、今後これらが他の疾患にも拡大されることは難しいことが予測されています。保険治療では対処不能な症状・疾患で、ボツリヌス治療の有効性が高いものは多いので、それらの情報が広がるにつれ今後自由診療での需要は徐々に増えてくることが予測されます。
 ボツリヌス治療は、個々の疾患に対する諸知識を心得ていないとなかなか成績が向上しないという独特の癖があり、治療対応ができる施設は徐々に増加したとしても、迅速には進まないと考えられます。
 これらの事情から、都内で同様の医療を提供する必要性を感じますので、当院としても陣容を整えるために、数年間の時間をいただき、いずれ毎週末(土あるいは日)に治療施設を再構築することを考えています。

名古屋の寺本神経内科クリニックで診察いたします。

 ボツリヌス治療を希望される方は、大変ご不便をかけますが、名古屋【寺本神経内科クリニック】では従来通り診察を実施していますので、ご利用ください。場所は名古屋駅から徒歩5分です。なお、八重洲痛みの診療室の閉院により、7月より第3日曜を取り敢えず臨時で開設し、患者さんの動向を見て、定着化を考えています。
 なお、日曜日はビル管理場正面入口は閉鎖していますから、ビルの裏口に到着されたら、電話していただきスタッフが開錠することにしています。必ずあらかじめ予約してください。

寺本神経内科クリニック

TEL 052-564-7481

寺本神経内科ホームページへ

〒452-0002 名古屋市中村区名駅4-25-17 三喜ビル7F
診療日:火・水・木曜、第1日曜 10:00〜13:00 / 15:30〜18:30(受付18:00迄)

ホーム

コラムタイトル
  1. ホーム
  2. 院長コラム一覧
  3. No.002「回数の多い片頭痛は保険医療では対処できない」
痛み症状別解説 花粉症のボツリヌス治療 歯ぎしり・食いしばりのボツリヌス治療 片頭痛のボツリヌス治療 緊張型頭痛のボツリヌス治療 群発頭痛のボツリヌス治療 脳卒中による後遺症のボツリヌス治療 五十肩・肩こりのボツリヌス治療 美容面でのボツリヌス治療

回数の多い片頭痛は保険医療では対処できない

 片頭痛の一般的な治療は、頭痛発作の時に頓服として利用する抑制薬(消炎鎮痛薬、トリプタンなど)と毎日連用して頭痛の頻度を減らす予防薬(一部の抗うつ薬、抗てんかん薬、降圧薬など)があります。
 最近では抑制薬としてトリプタンがよく処方されます。消炎鎮痛薬に比較して有効性は高いのですが、最近では服用者の20~40%が薬物乱用頭痛に陥りやすいことが知られています。診断の基準としては、3カ月以上にわたって10日/月以上(消炎鎮痛薬では15日/月以上、トリプタンと消炎鎮痛薬の併用なら合計日数が10日/月以上)の服用している場合とされています。
 予防薬は、平均的には1カ月当たり20~30%くらい頭痛の頻度を減らす(例10回/月→7~8回/月)ことが期待されます。しかし一旦薬物乱用頭痛に陥るとこれらの予防薬はほぼ効果がないことを国際頭痛学会がコメントしています。
 したがって薬物乱用頭痛に陥った場合には、そこから脱却するのはなかなか困難です。国際的には抑制薬を続けながら20回/月以上の頭痛を10回以内/月まで減らすことが2010年に証明された治療法で、これはボツリヌス剤(商品名ボトックス)を用いる方法です。
 ボツリヌス剤は1980年代よりしわ延ばしなどに用いられていたのですが、1992年にアメリカの美容皮膚科医が片頭痛を併せ持った女性のしわ延ばしを実施したところ、片頭痛も軽快したところから、世界的に注目が集まりました。しわ延ばしと同じ位の量の使用で2~3回/月くらいの頭痛はほとんど現れなくなったり軽くなったりすることが知られ、世界に広まりました。
 この治療を薬物乱用頭痛に対しても研究が進み、20回/月以上の頻度の片頭痛に対して、もう少し多い量のボツリヌス剤を使用し、3カ月毎に1回、1年間(計5回)投与することによって頭痛の頻度を10回/月以内にまで減らすことに成功しました。この結果は欧米で直ちに臨床現場で使用されるようになりました。
 しかしわが国では、製薬会社が保険適用に向けて開発を模索しましたが、日本頭痛学会は、積極的な意欲を示さなかったことからタイミングを失い、わが国での保険適用は不能 になりました。結果的にわが国では自由診療(自費診療)のみの対応となりました。
 現在は、CGRPという片頭痛に関係する物質の作用を抑制する目的の1回/月の注射薬剤について臨床試験が実施される予定になってきましたが、この薬剤の対象は15回/月以内の頻度に対してであり、だいたい30%位の頻度低下を目標としています。この数値だと15回/月の頻度が10.5回/月程度と考えられますので、20回/月以上に対しては力不足と言えるでしょう。また免疫を用いた薬剤であるところから毎月の注射によって何年も効果が続くのかなど不安な点もあります。
 最近では、乱用頭痛の回避する目的でトリプタンを10錠/月以内の処方に止める医療機関が多く、その場合には不足日数分を効力の低い消炎鎮痛薬に頼ることになり、結果的には服用日数はかえって増えています。
 現実的には20日/月以上の服用者は多いのですが、このような頻度の多い片頭痛を改善させる治療法は保険医療の範囲では存在しません。現場の医療としては、薬物乱用頭痛には無効であることが示された予防薬を使い回ししながら、お茶を濁しているのが実態です。たまには環境などの外的条件の変化によって改善する人もいるでしょうが、基本的にはそのまま片頭痛が軽減し始める60歳くらいまで、その状態が続くことになります。
 すでに述べましたが、20回/月以上の頭痛発作に対して有効性を示したのは外国で調査されたボツリヌス治療のみです。抑制薬を安心して使える10日/以内までに減らすことができます。もちろん個人差があり、1年も経過しないうちに減ったり、逆に残念ながら効果が乏しい場合もありますが、頭痛の日数を減らしたい場合には、考慮する価値のある治療法と考えられます。

院長コラム一覧へ