ボツリヌス治療を希望される方へ

診療所一時閉鎖のお知らせ

大切なお知らせ

平成28年6月4日をもって一時閉院いたします。

 八重洲地区の再開発事業に伴い、当院が入居しているビルが取り壊しの予定となりました。したがって診療の持続ができなくなりました。つきましては、諸業者などとの関係上、平成28年6月4日(土)を最終診療日として、閉院をせざるを得なくなりました。
 ボツリヌス治療の対象疾患は多技にわたり、欧米ではかなり広く普及しています。日本では保険医療ではかなり限定的な承認のみで、今後これらが他の疾患にも拡大されることは難しいことが予測されています。保険治療では対処不能な症状・疾患で、ボツリヌス治療の有効性が高いものは多いので、それらの情報が広がるにつれ今後自由診療での需要は徐々に増えてくることが予測されます。
 ボツリヌス治療は、個々の疾患に対する諸知識を心得ていないとなかなか成績が向上しないという独特の癖があり、治療対応ができる施設は徐々に増加したとしても、迅速には進まないと考えられます。
 これらの事情から、都内で同様の医療を提供する必要性を感じますので、当院としても陣容を整えるために、数年間の時間をいただき、いずれ毎週末(土あるいは日)に治療施設を再構築することを考えています。

名古屋の寺本神経内科クリニックで診察いたします。

 ボツリヌス治療を希望される方は、大変ご不便をかけますが、名古屋【寺本神経内科クリニック】では従来通り診察を実施していますので、ご利用ください。場所は名古屋駅から徒歩5分です。なお、八重洲痛みの診療室の閉院により、7月より第3日曜を取り敢えず臨時で開設し、患者さんの動向を見て、定着化を考えています。
 なお、日曜日はビル管理場正面入口は閉鎖していますから、ビルの裏口に到着されたら、電話していただきスタッフが開錠することにしています。必ずあらかじめ予約してください。

寺本神経内科クリニック

TEL 052-564-7481

寺本神経内科ホームページへ

〒452-0002 名古屋市中村区名駅4-25-17 三喜ビル7F
診療日:火・水・木曜、第1日曜 10:00〜13:00 / 15:30〜18:30(受付18:00迄)

ホーム

コラムタイトル
  1. ホーム
  2. 院長コラム一覧
  3. No.003「強い首や肩のこりは筋疲労対応だけでは無理」
痛み症状別解説 花粉症のボツリヌス治療 歯ぎしり・食いしばりのボツリヌス治療 片頭痛のボツリヌス治療 緊張型頭痛のボツリヌス治療 群発頭痛のボツリヌス治療 脳卒中による後遺症のボツリヌス治療 五十肩・肩こりのボツリヌス治療 美容面でのボツリヌス治療

強い首や肩のこりは筋疲労対応だけでは無理

肩こりは日本人の国民病とも呼ばれるほど多く、90%くらいに存在するという記載を目にすることもあります。
 最近の若い人の間では、むしろ首こりと表現することも多いようです。基本的には肩こりも首こりもだいたい同じようなものですが、こりを生じる筋肉の部位の違いによって、首こりとも呼ばれるということです。以下は肩こりで統一して説明することにします。
 さて肩こりは、誰もが首や肩にかけての筋肉が疲れた状態のときに現れる症状であると理解しています。
 もちろん、一定の筋肉疲れが関係していないわけではないのですが、実際にはそれだけではありません。筋肉の異常な収縮が関係しています。
 純粋な筋肉疲労でない証拠を紹介します。例えば、重労働やスポーツなどで全身だけでなく首の筋肉まで痛くなったときのことを考えてみてください。そんなときには夜寝ていて寝返りをうつと、首などの筋肉の痛みのために一瞬目を覚まします。
 ところが、肩こりの場合には、一日中肩こりか気になる人でも、夜間に寝返りをしたとしても筋肉痛で目を覚ますことはありません。このことから分かるようにこの現象は単なる疲労性筋痛では説明できないことを示しています。
 すなわちこの現象は、頸部ジストニアという現象です。ジストニアは不随意運動の一種類で、自らの意思とは別に勝手に筋肉が動く現象です。ただ筋肉がジワッーと勝手に収縮ている状態ですから、外観だけでは不随意な運動のようには見えないのが特徴のひとつです。不随意運動全体に共通する一般的特徴としては、睡眠中には止まるということです。すなわち肩こりは、ジストニアが関与していると考えれるのです。
 重労働やスポーツ後の疲労性筋痛は数日安静にしていれば完全に改善します。これに対して、肩こりでは2~3日安静にしたからといって完全によくなるということはありません。これは安静にしていたとしても、ジストニア現象のために絶えず筋肉の収縮が続いているためなのです。
 筋肉を温める、ほぐすといった対応だけでは、効果が一時的なのはこのためです。整体などで姿勢をよくするような対応がされています。整体は医療機関ではないのですが、じつはその考え方は正しいのです。筋肉をきちんとした姿勢で保つようにすることは異常な緊張が現れないようにするという意味で重要なことです。整体治療でよくなるならばそれで十分です。しかしそれだけで不十分な場合には、異常緊張がある筋肉に対してボツリヌス治療を行い、筋肉を緩めます。3カ月で薬効は落ちるはずですが、緊張が緩んだときの姿勢に体が慣れてくることによって、有効期間が延びますから、過半数の人は1~2年後には、不定期な治療で済むようになったり,仮にこりがあったとしてもあえてボツリヌス治療をしなくても済むようになります。
 初期には投与量やこりの目立つ筋肉がはっきりせず、試行錯誤が必要で、数回目の投与から整ってくるといった場合があることも付記しておきます。
 なお緊張型頭痛といって肩こりが目立つ頭痛があります。この場合には頭痛もよくなる場合も多いのですが、頭痛だけは残るといったことも少ないないようです。このことはこりが直接頭痛の出現に関係しているのか、どうかという点についてまだ厳密にははっきりしていない点があり、なお議論の対象になっているからです。

院長コラム一覧へ