ボツリヌス治療を希望される方へ

診療所一時閉鎖のお知らせ

大切なお知らせ

平成28年6月4日をもって一時閉院いたします。

 八重洲地区の再開発事業に伴い、当院が入居しているビルが取り壊しの予定となりました。したがって診療の持続ができなくなりました。つきましては、諸業者などとの関係上、平成28年6月4日(土)を最終診療日として、閉院をせざるを得なくなりました。
 ボツリヌス治療の対象疾患は多技にわたり、欧米ではかなり広く普及しています。日本では保険医療ではかなり限定的な承認のみで、今後これらが他の疾患にも拡大されることは難しいことが予測されています。保険治療では対処不能な症状・疾患で、ボツリヌス治療の有効性が高いものは多いので、それらの情報が広がるにつれ今後自由診療での需要は徐々に増えてくることが予測されます。
 ボツリヌス治療は、個々の疾患に対する諸知識を心得ていないとなかなか成績が向上しないという独特の癖があり、治療対応ができる施設は徐々に増加したとしても、迅速には進まないと考えられます。
 これらの事情から、都内で同様の医療を提供する必要性を感じますので、当院としても陣容を整えるために、数年間の時間をいただき、いずれ毎週末(土あるいは日)に治療施設を再構築することを考えています。

名古屋の寺本神経内科クリニックで診察いたします。

 ボツリヌス治療を希望される方は、大変ご不便をかけますが、名古屋【寺本神経内科クリニック】では従来通り診察を実施していますので、ご利用ください。場所は名古屋駅から徒歩5分です。なお、八重洲痛みの診療室の閉院により、7月より第3日曜を取り敢えず臨時で開設し、患者さんの動向を見て、定着化を考えています。
 なお、日曜日はビル管理場正面入口は閉鎖していますから、ビルの裏口に到着されたら、電話していただきスタッフが開錠することにしています。必ずあらかじめ予約してください。

寺本神経内科クリニック

TEL 052-564-7481

寺本神経内科ホームページへ

〒452-0002 名古屋市中村区名駅4-25-17 三喜ビル7F
診療日:火・水・木曜、第1日曜 10:00〜13:00 / 15:30〜18:30(受付18:00迄)

ホーム

コラムタイトル
  1. ホーム
  2. 院長コラム一覧
  3. No.005「腰痛の治療標的は骨・軟骨ではなく筋肉」
痛み症状別解説 花粉症のボツリヌス治療 歯ぎしり・食いしばりのボツリヌス治療 片頭痛のボツリヌス治療 緊張型頭痛のボツリヌス治療 群発頭痛のボツリヌス治療 脳卒中による後遺症のボツリヌス治療 五十肩・肩こりのボツリヌス治療 美容面でのボツリヌス治療

腰痛の治療標的は骨・軟骨ではなく筋肉

 腰痛も日本人には多い症状です。概して整形外科を受診することが多く、その原因として変形性脊椎症、椎間板症、脊椎すべり症、湾曲異常などが挙げられています。しかしそういった骨・軟骨性の異常がはっきりしない腰痛の方が多く、これらは『いわゆる腰痛症』『筋膜性腰痛』などと呼ばれています。じつはこの腰痛は外来患者のうち過半数、中には80%以上との説もあります。最近ではこういった腰痛に大脳前頭葉のDLPFC の部位の機能低下を指摘する説もあり、興奮情報を抑制する作用が低下するためだと推定されるよ うになってきました。
 腰痛の発症の要因として、疲労性筋痛、ぎっくり腰、ストレスなどが指摘されますが、それらが明確でないケースも多い。治療としてこれらの筋肉性の痛みに対して、ステロイドやリドカインの注射が実施されることが多いのです。かなりの患者で有効性がみられますが、残念ながら効果の持続が短く、せいぜい1週間くらいです。
 診断としては、まず傍脊椎筋群(腰の左右の筋肉)の自発痛、圧痛などを確認することが重要です。左右差の有無、上下、左右への広がりを観察する必要があります。また骨・軟骨の病変が中心ではないところから、脊椎の存在する中央部の圧痛や叩打痛、自発痛、運動による痛みの変化がないことも確認する必要があります。
 欧米では筋膜性疼痛症候群(最近では慢性筋膜痛と呼ぶ)の診断名が普及しているので、腰部筋膜性疼痛あるいは low back painなどと診断されます。 現在欧米ではこの腰痛に対ししボツリヌス治療が施行されることが多いのです。2000年頃より医師向けのどの指南書にも記載されており、普及しているのです。
 もちろん上記したように脳からの影響が関係するので、すべての患者さんにに有効というわけにはいきませんが、有効例では3 カ月以上の効果がみられる。筋肉が大きいので投与量はやや多めになりますが、もっと国内で広がってもよい治療法と言えるでしょう。
 しかしわが国では従来より腰痛の原因を骨・軟骨に求めがちな風潮がありますから、保険治療に応用できるようにしようという動きは現在はなく、また将来も見込みが薄そうです。
ボツリヌス治療の後の観察も重要です。これは当該部の痛みが減った代わりに周辺部あるいは時として対側の方に痛みが移行することもありがちなことです。これはもぐら叩き現象と呼ばれる所見です。ただしこのことは当初の投与部位については改善していることの証明でもあり、次回投与の部位を決定する際に重要な情報となります。
有効例の場合には、いつまでも反復投与を要する例は少なく、徐々に投与間隔が開いてくるので、不定期な投与で済むようになっていきます。
無効な場合には上記したような脳の関与の可能性も考えなければなりませんが、往々にしてボツリヌスの投与量不足であった場合もあるのでその点にも留意したいところです。

院長コラム一覧へ