ボツリヌス治療を希望される方へ

診療所一時閉鎖のお知らせ

大切なお知らせ

平成28年6月4日をもって一時閉院いたします。

 八重洲地区の再開発事業に伴い、当院が入居しているビルが取り壊しの予定となりました。したがって診療の持続ができなくなりました。つきましては、諸業者などとの関係上、平成28年6月4日(土)を最終診療日として、閉院をせざるを得なくなりました。
 ボツリヌス治療の対象疾患は多技にわたり、欧米ではかなり広く普及しています。日本では保険医療ではかなり限定的な承認のみで、今後これらが他の疾患にも拡大されることは難しいことが予測されています。保険治療では対処不能な症状・疾患で、ボツリヌス治療の有効性が高いものは多いので、それらの情報が広がるにつれ今後自由診療での需要は徐々に増えてくることが予測されます。
 ボツリヌス治療は、個々の疾患に対する諸知識を心得ていないとなかなか成績が向上しないという独特の癖があり、治療対応ができる施設は徐々に増加したとしても、迅速には進まないと考えられます。
 これらの事情から、都内で同様の医療を提供する必要性を感じますので、当院としても陣容を整えるために、数年間の時間をいただき、いずれ毎週末(土あるいは日)に治療施設を再構築することを考えています。

名古屋の寺本神経内科クリニックで診察いたします。

 ボツリヌス治療を希望される方は、大変ご不便をかけますが、名古屋【寺本神経内科クリニック】では従来通り診察を実施していますので、ご利用ください。場所は名古屋駅から徒歩5分です。なお、八重洲痛みの診療室の閉院により、7月より第3日曜を取り敢えず臨時で開設し、患者さんの動向を見て、定着化を考えています。
 なお、日曜日はビル管理場正面入口は閉鎖していますから、ビルの裏口に到着されたら、電話していただきスタッフが開錠することにしています。必ずあらかじめ予約してください。

寺本神経内科クリニック

TEL 052-564-7481

寺本神経内科ホームページへ

〒452-0002 名古屋市中村区名駅4-25-17 三喜ビル7F
診療日:火・水・木曜、第1日曜 10:00〜13:00 / 15:30〜18:30(受付18:00迄)

ホーム

完全予約制、自由診療、健康保険取扱いはしておりません
痛み症状別解説
  1. ホーム
  2. 痛み症状別解説
  3. 五十肩・肩こりのボツリヌス治療
痛み症状別解説 花粉症のボツリヌス治療 歯ぎしり・食いしばりのボツリヌス治療 片頭痛のボツリヌス治療 緊張型頭痛のボツリヌス治療 群発頭痛のボツリヌス治療 脳卒中による後遺症のボツリヌス治療 五十肩・肩こりのボツリヌス治療 美容面でのボツリヌス治療
五十肩・肩こりのボツリヌス治療

肩の痛みとは

 首や頭の周囲の筋肉の持続性の収縮のために生じる筋肉性の痛みです。頭痛にまで波及する場合を緊張型頭痛と言います。これはジストニーという筋肉が自らの意思とは無関係に脳からの指令を受けて収縮しているために起きる現象です。強烈な肩こりもこれにあたります。
 緊張を起こしやすい筋肉を右の図に示します。
 なお、緊張型頭痛の一部には筋肉の症状が出ず、精神的緊張のみに基づく場合があります。この場合にはボトックスは効きません。また、筋肉の症状があっても、無関係で別個に精神的な痛みが併存する場合もあります。この場合もボトックスは効きませんが、治療した結果をみた上で判断するしかありません。

ボツリヌス治療の効果

 筋肉の持続収縮によって生じる突っ張り感が痛みとして表現されますから、その原因となっている筋肉にボトックスを注射して筋肉の緊張を緩めることによって効果が現れます。首の周囲には多くの筋肉がありますが、もっとも症状が現れやすいのは図に示した頭板状筋と僧帽筋です。完全に右と左が同じことは少なく、持続収縮には左右差がたいてい見られます。はじめてボトックスを注射するときには、もっとも影響している1筋か2筋に投与するのが良いと思われます。注射によって症状が改善すると、他の筋肉の症状が目立ってくる(もぐら叩き現象)こともあります。これは脳ではもっとも痛い筋肉からの情報を拾いますから、後になって他の筋肉にもかなりの収縮があったことがはじめて自覚されるのです。この様子を見て、2回目の注射のときに分布にあった投与ができますから、1回目はもの足らないことが多いのです。しかし限られた1、2筋に集中して投与すると、効くかどうか、投与量が十分か不十分か、という点が判定できますから、2回目以後のよい指標となります。首回りには多くの筋肉がありますから、2回目からは注射量の増量が必要になることが少なくありません。逆に、はじめからまったく効かなかった場合には、投与量が不足であった可能性も否定できませんが、上記したように精神的要因が強い場合(本人の自覚はない場合も多い)が多く、2回目の実施をしても無駄となりがちですので、むしろ心療内科あるいは神経科などの治療を受けたほうがよいでしょう。