ボツリヌス治療を希望される方へ

診療所一時閉鎖のお知らせ

大切なお知らせ

平成28年6月4日をもって一時閉院いたします。

 八重洲地区の再開発事業に伴い、当院が入居しているビルが取り壊しの予定となりました。したがって診療の持続ができなくなりました。つきましては、諸業者などとの関係上、平成28年6月4日(土)を最終診療日として、閉院をせざるを得なくなりました。
 ボツリヌス治療の対象疾患は多技にわたり、欧米ではかなり広く普及しています。日本では保険医療ではかなり限定的な承認のみで、今後これらが他の疾患にも拡大されることは難しいことが予測されています。保険治療では対処不能な症状・疾患で、ボツリヌス治療の有効性が高いものは多いので、それらの情報が広がるにつれ今後自由診療での需要は徐々に増えてくることが予測されます。
 ボツリヌス治療は、個々の疾患に対する諸知識を心得ていないとなかなか成績が向上しないという独特の癖があり、治療対応ができる施設は徐々に増加したとしても、迅速には進まないと考えられます。
 これらの事情から、都内で同様の医療を提供する必要性を感じますので、当院としても陣容を整えるために、数年間の時間をいただき、いずれ毎週末(土あるいは日)に治療施設を再構築することを考えています。

名古屋の寺本神経内科クリニックで診察いたします。

 ボツリヌス治療を希望される方は、大変ご不便をかけますが、名古屋【寺本神経内科クリニック】では従来通り診察を実施していますので、ご利用ください。場所は名古屋駅から徒歩5分です。なお、八重洲痛みの診療室の閉院により、7月より第3日曜を取り敢えず臨時で開設し、患者さんの動向を見て、定着化を考えています。
 なお、日曜日はビル管理場正面入口は閉鎖していますから、ビルの裏口に到着されたら、電話していただきスタッフが開錠することにしています。必ずあらかじめ予約してください。

寺本神経内科クリニック

TEL 052-564-7481

寺本神経内科ホームページへ

〒452-0002 名古屋市中村区名駅4-25-17 三喜ビル7F
診療日:火・水・木曜、第1日曜 10:00〜13:00 / 15:30〜18:30(受付18:00迄)

ホーム

八重洲痛みの診療室とは
  1. ホーム
  2. 当診療室について
  3. 八重洲痛みの診療室とは
八重洲痛みの診療室とは

 八重洲痛みの診療室は、各種の痛みに対するボツリヌス(ボトックス)治療に特化した神経内科クリニックです。
 当診療室では検査機器を設置していませんので、既に他の施設で受けられた検査などについては申告、あるいは手持ちならご持参ください。
 頭痛についてはセカンドオピニオン、投薬などの対応もいたします。また、痛みの疾患ではありませんが花粉症に対してもボトックスがよく効きますから対応しております。
 いずれの診療も完全予約制・自由診療・健康保険扱いはしておりませんのでご了承ください。

八重洲痛みの診療室のボトックス(ボツリヌス毒素)による
ボツリヌス治療で症状が治癒または緩和する代表的症状

片頭痛緊張型頭痛群発頭痛歯ぎしり・食いしばり花粉症
五十肩・肩こり脳卒中による後遺症美容面 など

八重洲痛みの診療室

診療方針

当院は多くの症状・病気にボツリヌス治療を実施することができる全国的にも数少ない施設ですが、ボツリヌス治療以外でも、担当医の得意分野については診察のみの場合は受け付けていますので是非ご利用ください。

下記のような症状や病気も診察致します

  • ① 難治性頭痛の相談と指導
  • ② 持続性のめまい・しびれ
  • 寺本医師

    ❶ 難治性頭痛

    診察対象
    通常の医療機関で治療を受けているが満足な効果が得られていない頑固で厄介な慢性頭痛をお持ちの方

    対象症状

  • ① 片頭痛と診断されトリプタン系薬剤をもらったが、効かない場合
  • ② 緊張型頭痛と診断されて治療を受けているがほとんど改善がない場合
  • ③ もともとは片頭痛だった人が、長い経過のうちに慢性連日性頭痛(変容型片頭痛)に変わってしまった場合
  • ④ はじめ効いた薬が、だんだん効力が落ちてあまり効かなくなってしまった場合
  • ⑤ すでに薬が慣れを起こして効かなくなってしまった場合
  • ⑥ 緊張型頭痛、頸部ジストニア、低髄液圧性頭痛(脳脊髄液減少症)などが正確に診断されず、誤った治療がされている場合
  • ⑦ 頭痛だけでなく、歯ぎしり・食いしばりが加わっている場合
  • ⑧ 2種類あるいはそれ以上の頭痛が、合併していることが予測去れる場合
  • ⑨ 担当医が頭痛についてあまりとりあってくれない場合
  • ⑩ 群発頭痛
  • など

    診察内容
    これらの症状の方の診断を見直し、今後の方針などについて、かかりつけの医師などにどのような薬を要望したらよいか、また自らの対処法などについてアドバイスします。

    治療も希望される方へ
     現在、日本では頭痛に対し健康保険で選択できる薬剤はかなり少ないのが実情です。
     これが頭痛診療が広がらない根拠のひとつでもありますが、保険治療では適用となっていない薬剤で、ボツリヌス治療以外にも多くの薬剤(廉価な薬もかなりあります)が医学的には有効性が証明されています。
     これらの治療は自由診療であれば制約なく実施できますので、制約のない当院でないと実施できないものがたくさんあります。ご希望の方には対応いたします。

    ❷ 持続性のめまい・しびれ

    めまい
     景色がくるくる回るような回転性めまいは、主に耳鼻科的な疾患のことが多いのですが、ふわふわする、目の前が白くなったり暗くなったりする、非回転性めまいや浮遊感(これらもめまいに分類されています)は持続性のことが多く、CTやMRIの検査を受けても分からない、というのが実情です。
     こういった症状に悩む人はかなり多いのですが、適切に対応してくれる医療機関は少ないのが現状です。
     完全によくならなくても、半数以上の人にある程度軽減させることができます。またなかなかよくならなかったとしても、担当医はミュンヘン大学の神経内科医であるブラント教授の著書『Vertigo』の翻訳(寺本純 監訳【めまい】診断と治療社 / 1994年)をした実績がありますので、一味違うアドバイスや指導をおこなうことができます。

    しびれ

     しびれの原因は、脳・脊髄・末梢神経のいずれでも生じますが、その他に筋肉の圧迫、血流の障害など多くの要因によって生じる症状です。特に持続性のしびれはつらいものがあり、CTやMRIでは分からない場合が圧倒的に多いので、つらさの実情が医師に理解してもらえなくて困っている人が多く存在します。
     現実にはなかなか治らないしびれもあるのですが、ちょっとした工夫やボツリヌス治療など、一定の軽減をさせることができる場合も少なくありません。
     担当医はしびれの学術業績も多く、もっとも最近のものではしびれが対象となっている市販薬の『新ナボリン』の承認申請時のラットを用いた病理学的実験のデータを作成した実績がありますので、しびれに関しても平均的な神経内科医より詳細な対応ができます。